働くならどっち?大手エステサロンor個人経営サロン

レンタルサロン 東京銀座駅近

美容への関心が高まっている現代では、女性だけでなく男性のエステ利用も増加しています。それに伴い利用者のニーズに応えるリーズナブルな料金設定を行うサロンも増えている中で、エステティシャンとして働く方々は日々腕を磨く毎日を過ごしていることでしょう。大手サロンに勤務する人、個人サロンに勤務する人、それぞれのメリット・デメリットを比較することで、働きやすさに注目し「どちらが働きやすいのか?」まとめてみました。

大手エステサロンと個人経営のサロン… 働き方に違いが出る?

レンタルサロン 開業東京銀座駅近 安
エステサロンにも大手と呼ばれる全国展開されているような有名企業と、地域密着型で個人の経営者によって運営されている個人サロンがあります。化粧品会社や美容機器メーカーなどが展開していることも多い大手サロンの大きな特徴としては「母体が大きく、安定した収入が得られる」「会社自体がスキルアップの研修を行っている」「経験値が上がることでリーダーや店長などキャリアアップを目指せる」などがあります。反対に個人経営のサロンの場合は「任される業務が豊富で、幅広い技術を培うことができる」「間近で経営ノウハウを学べる」「開業時に生かす現場経験ができる」「施術についてのメニュー提案ができる」といった、個人店ならではのリアルな経営状況を見ることや、自主性を認められるところもあります。
また、大手サロンでは企業によって多店舗との差を軽減させるために施術メニューや料金の全国的な統一や、施術部位によって担当者がそれぞれ決まってることが多く、オリジナリティーを求めるというよりは一つの業務を極めていくといった形での勤務が多い傾向になります。オリジナルメニューや限定割引を提案しやすい個人サロンとの大きな違いと言えるでしょう。一人当たりの施術時間の設定も異なりますので、その差は働く方にも大きな影響があります。

大手エステサロンだからこそできる働き方とは

レンタルサロン 開業東京銀座駅近安
大手エステサロンは経営母体が化粧品メーカーや美容機器を製作・販売してる企業であることが多く、様々な地域に全国展開されています。そのためエステサロンとしてのブランドが確立され、目に留まりやすく、口コミや看板広告によっても長期顧客の獲得がしやすいと言えます。お客様への需要を第一に時代のニーズに合わせたメニュー作成がされているので、多くの方に望まれるサービスが標準化されていることも大手ならではの安定感に繋がります。
そして、パートやアルバイトから正社員、サロンリーダー、主任や店長といったキャリアアップ制度や、独立を希望する従業員への独立支援制度を設けている企業もあるため、将来的に自分のサロンを持ちたいという人への独立サポート体制が整っているというメリットがあります。自社研修制度もしっかりしており、キャリアアップへの階段が昇りやすいこと、ブランド認知度が高いことが転職時に有利にはたらく可能性もあります。しかし、サロンによっては自社製品の販売や新規顧客の勧誘など、個人ノルマが設定されている場合もあるので就職前に確認しておく必要があります。

個人経営サロンだからこそできる働き方

安レンタルサロン 東京銀座駅近
個人サロンの場合、多くは少人数での運営が主になっています。アットホームさがウリであったり、個々のお客様とのふれあいや会話といったコミュニケーションが大切となるので、自分を指名してくれるお客様との時間を有意義に使えるコミュニケーション力も重要です。少数精鋭は個人個人のスキルが必要不可欠となり、幅広い施術に対応していくことになります。限られたスタッフ数の中で、各々のお客様に満足してもらえる施術を提供するにあたり、スキルアップは必須と言えるでしょう。だからこそ、多くの技術を身につけることができるのです。また、経営のためのサポートも任されることになり、現場で学べる機会が増えるといった点は、大手にはない個人サロンのメリットと言えます。個人サロンへの就職時に重要視することは「サロンオーナーの目標や店のコンセプトに共感ができるか」というところにあります。自身が思うお客様との接し方や、メニュー設定など、経営者の理念とも言える部分に尊敬や憧れを抱けるかは、働く中で最も大事なことです。「嫌々やらされている」という気持ちを持つと自身の精神面だけでなく、お客様への施術にも反映されてしまいます。自分らしく楽しめるコンセプトを掲げているサロンを探すと良いでしょう。そして、従業員の意見や提案を、サロン独自のオリジナルメニューとして活かすことができるという個人店の強みに貢献することもスキルアップに繋がります。

自分に合った働き方を見付けるには?

東銀座 レンタルサロン近安
大手サロン、個人サロンにはそれぞれ特徴になるメリット・デメリットがありますが、自分はどちらが向いているのか?と疑問に思われる人もいらっしゃるでしょう。その時に見極めるポイントとして「将来どうしたいか」が重点になります。
しっかり経験を積みたい、研修を受けてキャリアアップをしたい、安定した仕事・収入を得たいという方は大手サロンが合うでしょう。勧誘・売上ノルマなどがあったとしても自分自身の高い目標を確立していればさほど大きな障害にはなりません。もちろん、ノルマのない大手サロンもありますから、必要以上に「ノルマ」に尻込むことはありません。
反対に、自主性を尊重してほしい、いろいろなことを提案していきたい、個人経営のノウハウを学びたい、より多くの現場経験をこなしたい、お客様との密なコミュニケーションを大切にしたいという方は、経営方針に共感できる個人サロンで豊富な知識を得ると良いでしょう。

自分に合った職場の環境を選ぼう


大手サロンが優れている点、個人サロンが優れている点、それぞれどちらが自分の望む環境かを比較してみると自ずと答えは見えてくるのではないでしょうか?
独身の方、既婚者の方、子供がいる方、ひとり親で頑張っている方、人にはいろいろな家庭環境があります。夜遅くまで勤務できない、残業があると困るなど、働くための条件も十人十色です。もし、自分の望む働き方ができるサロンが見つからなかったときには、思い切って個人サロンを開業するという方法もあります。開店時間や閉店時間を自分で設定できるため、子供の学校行事やプライベートな予定にも対応しやすくなりますし、自宅をサロンにした施術やお客様の個人宅への出張といった勤務場所の自由さも選択できます。
しかし、店舗を新たに作ろうとするとまとまった資金や融資が必要になりますし、最初のうちは赤字経営になることも十分に考えられますよね。開業するにあたり不安な点や金銭的な問題は、レンタルサロンを利用することで解消することができます。例えば、「LMSレンタルサロン」ですと、初期費用を抑えて万全なサポート体制を受けながら、自分の働ける範囲内で開業することができるレンタルサロンとして多くの方が利用しています。月に1日からレンタルでき、レンタル料も使った分だけというリーズナブルさが人気で、HP作成もできるため集客力もあり、赤字経営にならないための運営相談も行っています。それぞれの地域最安値を目標としているので、施術内容と料金設定にもよりますが1回のレンタル利用中に1~2人のお客様を施術できれば充分に黒字を出すことも可能です。まずはお試しでやってみようという方や、後々自身で店舗を持とうとされている方の顧客獲得にも大変利便性が高いのが特徴です。
大手サロン、個人サロン、どちらも自分には向かないかも?という方は、第三の選択肢としてレンタルサロンを利用した独立開業を視野に入れても良いのではないでしょうか。

 

 

 

関連記事

  1. レンタルサロン銀座駅近スペース開業
  2. レンタルサロン東銀座駅近
  3. レンタルサロン 開業東京銀座駅近安
  4. レンタルサロン銀座駅近スクール開業
  5. レンタルサロン 開業東京銀座駅近安
  6. レンタルサロン 開業東京銀座駅近 安
PAGE TOP